目線が揃えば、判断はぶれない。
マーケットを牽引する
太閤園の組織力

株式会社藤田観光 太閤園
婚礼課長 中尾吏江・営業企画課アシスタントマネージャー 水谷清香
国内外に80拠点以上を展開する藤田観光グループ。同社が大阪に構える「太閤園」は、関西経済界の発展を支えた藤田傳三郎男爵の私邸を前身とする、歴史ある婚礼会場のひとつです。ホテルやゲストハウスなどの婚礼施設がひしめく大阪市北部エリアを、マーケットリーダーとして牽引する「太閤園」の強さはどこにあるのか? WEB集客を担当されている婚礼課長 中尾吏江さん・営業企画課アシスタントマネージャー 水谷清香さんにインタビューしました。

集客の落ち込みからV字回復
ゼクシィサイトパフォーマンスレポートはS+に!

太閤園さんとはコンサル時代から含め、2年ほどのお付き合いになりますね。
あつみ
中尾

あつみさんにお会いした当時は、太閤園が位置する大阪市北部エリアには続々と競合先が増えていて、新規来館の集客にかなりの苦戦をしていました。

あの頃はポジティブドリームパーソンズさんやIKKさんなど、強いゲストハウスがたくさん出店された時期でした。
あつみ
中尾

これ以上の広告費をかけられる状況ではなかったので、広告効率を上げる以外の選択肢がありませんでした。自分たちで試行錯誤はするものの、どうすれば集客が伸びるのか全くわからず。そんな頃にWEB集客の専門として評判だったSoZoのあつみさんと出会えたので、お力を借りることなり今に至ります。

でも今や太閤園様はマーケットリーダーとしてエリアを牽引されています。

あつみ
中尾
まだまだマーケットリーダーとは言えないのですが、WEB集客は、少しずつですが上がってきているなという実感はあります。

9月のゼクシィサイトパフォーマンスレポートはS+と、素晴らしい結果を出されています。集客効果を高めるために、様々な施策をされてきましたが、特に撮影に関しては非常に上手くいかれた印象があります。

あつみ
中尾

あつみさんに初めにお願いした分析で写真の訴求力が弱かったということが、よくわかりました。例えば太閤園と言えば日本庭園があるというのは伝わっていましたが、披露宴会場にお庭がついているということは十分に伝えられていなかった。またそのお庭でどんな演出ができるのか?ということを訴求する写真もアドバイスをいただいた通り投入していきました。結果、お庭付きの会場の施行件数が伸びて、下がっていた数字を回復することにも繋がり、非常に社内でも評価されました。

素晴らしいですね!またガーデンでの人前式の写真も取り入れられました。

あつみ
中尾

実は、ガーデン挙式の施行が増えたわけではないんです。しかし人前式の写真はお庭でできることや、挙式の明るいイメージを伝えるのに役立っているよう。神前式要望が多かった従来にプラスして、チャペル希望の方も集客できるようになってきたのが非常に良かったと思っています。

集客担当×新規接客担当×支配人
チーム一丸となってSOZO集客大学を活用

お客様が来館前に魅力を感じる選択肢を上手く提示できた結果だと思います。必ずしも施行が多いものが集客につながるわけではありませんから。
太閤園様はSoZoのコンサルを通じて、ブライダルのWEBマーケティングで何が重要なのか、何をすると数値が動くのかというコツをご理解いただいたと思うんですね。まさに弊社独自のWEB集客理論「SoZo解析学」を理解し実践したことが結果につながったんだと思います。さらにその後「SOZO集客大学」も導入いただきました。どういった点で必要性を感じられたのでしょうか?

あつみ
中尾

もう一段、集客を伸ばしたかったというものありますが、「SoZo解析学」を社内のノウハウにしたいという想いがありました。既に知識があるスタッフの情報整理と、全員が共通知識を持つことは組織力を上げることに非常に役立つと思ったんです。現在、太閤園の広告宣伝の実作業を行っている水谷は、基本知識はあったのですが、改めて「SOZO集客大学」を見ることで知識を整理することができたと思っています。

水谷

競合が増えてきていた頃は、集客も伸び悩み、何を打ち出せばいいのかがわからなくなっていました。そんな状態のまま産休に入ったので、あつみさんがコンサルティングした結果をフィードバックした時、私はいませんでした。ですからSoZo解析学に関しては復帰後から「SOZO集客大学」を見て学んでいます。動画学習を通じて自分の中に基準を持つことができたので、自社の今まさに抱えている課題に対して、何をどうしていくべきかを整理することができました。

中尾

実は「SOZO集客大学」を活用しているのは水谷だけではないんです。新規接客担当のスタッフ、そして私の上司にも「SOZO集客大学」を見てもらっているので、全員で「SoZo解析学」に対する理解と共通言語化が出来ています。また各々がそれぞれのセクションで使える仕事のヒントを得ることにも繋がっています。

まさにチーム全体でご活用いただいていて嬉しいです。新規接客担当のスタッフさんは、どういった講座を活用されているのですか?
あつみ
中尾

クラスタの授業は接客のスタッフに役立ちますし、ブライダルフェアの講座はフェア立案するスタッフが活用しています。

「SOZO集客大学」には100本以上の講座がありますが、中でもこれは良かった!というものはありますか?
あつみ
水谷

集客に直結する、ブライダルフェアの講座です。講座で紹介されているフェア名は、すべてメモしました。フェアで訴求するキーワードや文章の作り方を的確に教えてくれるので、自社の強みを整理して、すぐに反映することができました。

SOZO集客大学では動画を視聴するだけでなくワークも用意されており、学びを即実践することができる

すべての施策はレポートが判断基準
集客が伸びる組織の状態を実現

「SOZO集客大学」では、実際に手を動かしてもらうワークも盛り込んでいるのですが、そこもしっかりやって頂けたんですね!
ところで水谷さんは、集客はおひとりで担当されているのですか?

あつみ
水谷

上司である中尾に相談しながらではありますが、ほぼほぼ一人で担当しています。

中尾
大きな方向性だけ私から伝え、あとは水谷にお任せしているんです。コンサルや「SOZO集客大学」を通じて、各媒体のレポートで何を見るべきかは学んだので、私はそこだけをチェックするようにしています。本当はじっくり見て分析したいところですが。
上司の方のお仕事としては理想的ですよ!
集客ではブライダルフェアだけではなく、写真も重要。写真を変更する際は、社内ではどんな議論されているのですか?
あつみ
中尾

そこは私がゼクシィnetのパフォーマンスレポートを見て写真を変えるかどうかの判断をしています。新しい写真に変えたら2週間様子を見て、数字が良ければそのまま走る。駄目なら変更する、というのを繰り返しています。上司に報告を入れるのは、大きな変更を行う場合のみ。上司もレポートを判断基準にしているので、話が伝わりやすいです。

SOZO集客大学で実現したいのは、まさにそういうことなんです。現場の担当者さんだけではなく、上司の方もレポートの見方を知り、全員が正しい判断ができるようになる。それが、集客に強い組織です。
太閤園さんは水谷さん、中尾さん、そしてその上の方まで目線が揃っていて、理想的な状態ですね!

あつみ
中尾

今後、新しい人を育てる時にも、共通知識を持ってもらうためにSOZO集客大学を活用していきます。若いスタッフを見ていて思うのですが、理解力にも長けているし、テクノロジーに対する抵抗感もありません。これからのスタッフ教育には、eラーニングがかなりマッチしているのではないでしょうか。

組織力が高い太閤園さんだからこそ、これからも益々数字を伸ばしていけそうですね。
あつみ

Instagramに取組んだことで
カメラマンなどが全員野球で集客を意識!

中尾

集客の総数自体は上がってきていますが、今後は、ゲストハウス思考のお客様をどう取り込んでいくか?というのが課題だと思っています。ハードの改装は一巡しました。ここからはソフトの部分を、広告、集客、施行でどれだけ打ち出していけるか?というのに本気で取り組まないといけません。

ソフトの面を伝えるのは、やっぱり写真ですね。「SoZo解析学」でも、花嫁が使うWEBメディアとしてInstagramは非常に重要視しています。

あつみ
中尾

はい。それもあつみさんにご指導いただいて、実際のお客様の施行写真をInstagramに載せていく決断をしました。継続して掲載してきたことで写真のクオリティも上がってきていると感じています。

はい!素敵な写真が増えました。カメラマンさんの意識の変化もあったんでしょうか?
あつみ
中尾

お客様からも「Instagramを見て」と言われる機会が少しずつ増えてきたことで、他施設の写真や人気のカメラマンさんの写真を見て勉強しているみたいです。スタッフにとっても自身の仕事が集客にも良い影響を与えているということは、刺激になっているんですよね。とは言え、まだまだすべての写真が、というわけではないので、全体のクオリティを上げていけるように取り組んでいきたいですね。

集客をあらゆる部署の方々が下支えできる組織は、見ていて強いです。太閤園さんは2年でそこに到達できたのは本当に素晴らしいと思います。

あつみ
中尾

ありがとうございます!引き続きよろしくお願いします。

ブライダル業界専門!
集客対策eラーニングシステム

ブライダルの集客ノウハウが「1分から学べる」
「競合に勝つ手法がわかる」eラーニングサービスです。

PC/スマホ/タブレットに対応!

SOZO集客大学 導入事例の一覧