【対談】代表・あつみゆりか × CAO・小川卓 ブライダルの集客を語る

VOL.3 インスタグラム、フェイスブック等のSNS経由の集客を考える

代表・あつみ(以下あつみ):最近の新郎新婦は、「他の人と違うことをやりたい」という“オンリーワン世代”から、「みんなに共感してもらえものがいい」という“SNS世代”に移行しつつあります。こうした世代を捉えるにはやはりSNSがいいのでは?という相談を最近よく式場様からいただくようになりました。

CAO・小川(以下小川):例えばインスタグラム。SNS世代は#(ハッシュタグ)から情報を拾うんです。例えば、「可愛いドレス」を調べたいとき。検索エンジンにこのキーワードを打っても、なぜかひとつとして「可愛いドレス」が出てこない。ところがインスタグラムなら、世界中の可愛いドレスの写真がたくさん出てくるわけです。自分が求めている答えを確実に得られる場所を、若い世代は敏感にキャッチしています。

直接的な集客よりもファン化に優れているSNS

あつみ:集客につながるか今の時点では、私はいささか懐疑的です。

小川:手間がかかりますから、まずは意志と戦略を持ってやりきらなくてはいけません。またインスタグラムはリンクに限りがありますから、結局ホームページの良し悪しも来館予約数には関わってきます。

あつみ:インスタグラムの広告も始まりましたので、企業活用としては、まだまだこれからという感じですよね?一方フェイスブックはどうでしょう?

小川:広告としての露出先としては良いのではないでしょうか?居住地・年齢・出身地などで広告露出をするユーザーを設定することができますから、うまく使用すれば集客増につながると思います。

あつみ:なるほど。でもやはりその誘導先であるホームページの質が問われることに変わりはないですね。

露出を増やすのは、よいページができてから!が鉄則

小川:フェイスブック広告は比較的安価ですが、露出を増やすためにお金を費やすのはその受けページとなるホームページが良いという状態でなくてはあまり意味がありません。

あつみ:穴のあいたコップに水を入れるような・・・。

小川:そうですね。だからこそまずはホームページを改善する!その手法をお伝えしていけたらと考えています。

    

   

   

ウエディング業界内のWEBマーケティングの最新情報をお届けするメールマガジン。
不定期ですが、すぐに役立つ情報をお送りいたします。

最新記事